セックス依存症〜女性の場合〜

セックス依存症になってしまい、克服に向けて奮闘する日々の記録。

能天気な幼少期

気がつけば更新せず1ヶ月も経ってしまった。。。笑

ズボラな性格がでちゃいますね(๑・̑◡・̑๑)omg


今回は私の幼少期について話しますね^ - ^


_____________________



私は物心ついたころから父親という存在に馴染みがありませんでした。

私を妊娠中に両親は離婚。

原因は父親が色々とだらし無さ過ぎる上に自己中だった為だそうです。


正直、物心ついた頃は毎日が幸せで充実していました( ´ ▽ ` )


そもそも父親という概念がなかったのでそのせいで寂しいとか孤独なんて事もないし、私の周りにはシングルマザー家庭が割と多かったので可哀想な目で見られる事も特別な目で見られる事もなく。


母親は毎日遅くまで仕事をし、家にはあまりいませんでしたが、ほんと忙しい中家事もしっかりやってくれていたので不自由もなく。幸い私は社交的な性格だったので友達に囲まれる日々で子供としては充実した毎日を過ごしていました。



そんなある日。

父親が出来ました。

初めは親戚と紹介されて暮らし始めたのでなんの違和感もなく自然に受け入れていました。


そして気がつけば

おじさんのことお父さんと呼んでね

と当たり前のように親戚が父親に昇格していました。


(もちろん本当の親戚なんかではありませんが笑)


俗に言う父親ができたぞ!

となんだか誇らしいような、嬉しい気持ちになってスキップして部屋に戻った事を覚えています(((o(*゚▽゚*)o)))♡♡笑



それから何年か幸せな家族生活を続けていたのですが、次第に性格の不一致などにより両親の関係は悪化。


そして。。。




続きはまた次回のページにて(^^)v