セックス依存症〜女性の場合〜

セックス依存症になってしまい、克服に向けて奮闘する日々の記録。

多感な時期の波乱万丈、思春期

猛暑日の中で皆さんお仕事、学校、家事等々お疲れ様でございます🙇‍♀️

早く涼しくなって欲しいですね!



さて、前回の続きから^ - ^


______________________


そして、両親は長いこと冷戦や激戦を繰り返し


。。。。無事離婚(^ω^)笑


たまに子供の前でもドンパチやっていて揉めてる内容が自分達子供のことだったりしたので申し訳無くて、怖くてよく泣いていました。。。



父親は女癖が悪く、何人も浮気相手がいた模様です。ある日、お腹が空いてリビングに出たら見知らぬ女性が母に土下座している衝撃の光景を目撃した記憶がありますが、あれもそうだったのでしょう笑( ͡° ͜ʖ ͡°)

また、私達子供もたまに顔を合わせていた優しいお姉さん(父の会社の後輩)にも手を出していた様です。


これはさすがにショックでしたね(*'▽'*)笑

男というものは浮気をするもので結婚とは辛く、なんともハードなものなんだとインプットされました笑(思春期ごろに母の愚痴の流れで知りました。笑)



まぁ、無事離婚を終えて。٩( 'ω' )و

母子家庭になったのですがやる事は増えるし母も余裕がなくなります。

今考えれば子供のことを想い離婚してくれた母に感謝しています。あのまま結婚生活を続けていれば間違いなくより悪質な環境になっていたことでしょう。


しかし、何だかんだ一緒に遊んでくれた記憶もあるし優しく叱ってくれたことや朗らかな日常の記憶もある。子供としてはいい父親でした。なので、ずっと父親の愚痴を聞かされ味方役をし続けるのは辛かった。

大好きな父親とよく分からないまま離れるのは寂しく悲しい。


母親のされた仕打ちを思えばあの程度の愚痴で済ませて優しい母だなと思います。


しかし、怒られる時

本当父親そっくり。

と言われると今まで必死に本心に背いて母に話を合わせてたのにそれすらも否定された様で、もどかしさと理解されない苛立ちとどうしようもない孤独を感じたものです。



その頃の私を知っている友人曰く、いつも笑ってるけど目が笑ってない。ふとした瞬間に物凄い寂しそうな目をしてると言われてました。笑



家庭内状況は決して他人に漏らすべからずという家訓があったので誰にも言わず必死に隠していたつもりでしたが、全然出来ていなかったようです笑


とまぁ、こんな環境が影響したのでしょうか。

私は好きな人が途切れたことないほど惚れっぽい性格なのですが、年頃になると色々と問題が起きます。( ˊ̱˂˃ˋ̱ )笑



次回は思春期の恋〜セックス依存のキッカケになった恋愛についてお話しします(^-^)v

能天気な幼少期

気がつけば更新せず1ヶ月も経ってしまった。。。笑

ズボラな性格がでちゃいますね(๑・̑◡・̑๑)omg


今回は私の幼少期について話しますね^ - ^


_____________________



私は物心ついたころから父親という存在に馴染みがありませんでした。

私を妊娠中に両親は離婚。

原因は父親が色々とだらし無さ過ぎる上に自己中だった為だそうです。


正直、物心ついた頃は毎日が幸せで充実していました( ´ ▽ ` )


そもそも父親という概念がなかったのでそのせいで寂しいとか孤独なんて事もないし、私の周りにはシングルマザー家庭が割と多かったので可哀想な目で見られる事も特別な目で見られる事もなく。


母親は毎日遅くまで仕事をし、家にはあまりいませんでしたが、ほんと忙しい中家事もしっかりやってくれていたので不自由もなく。幸い私は社交的な性格だったので友達に囲まれる日々で子供としては充実した毎日を過ごしていました。



そんなある日。

父親が出来ました。

初めは親戚と紹介されて暮らし始めたのでなんの違和感もなく自然に受け入れていました。


そして気がつけば

おじさんのことお父さんと呼んでね

と当たり前のように親戚が父親に昇格していました。


(もちろん本当の親戚なんかではありませんが笑)


俗に言う父親ができたぞ!

となんだか誇らしいような、嬉しい気持ちになってスキップして部屋に戻った事を覚えています(((o(*゚▽゚*)o)))♡♡笑



それから何年か幸せな家族生活を続けていたのですが、次第に性格の不一致などにより両親の関係は悪化。


そして。。。




続きはまた次回のページにて(^^)v

ブログを始めたきっかけ

きっかけは主にこの2つ🌿


1️⃣自分の中で一度整理したかった

2️⃣私と似たように苦しんでいる方がいれば少しでも励みになりたいなと思った


最近症状が落ち着いてきたので記録として振り返り克服に向けて更なるハッパをかけたいなと🎇笑


あと。私が依存症と自認した頃、セックス依存症について調べていると

情報が少ないからか面白がって解釈する人👅が多く、

相談するにも周りの理解も得られにくいので、かなり苦しみました。

都会に住んでいないため、専門の病院🏥もなく。。。


仕方なく専門外の心療内科や精神科にも行ってみましたが、結果は


A医)発情期じゃないか?

B医)発達障害じゃないか?

C医)通ってもらわないと結果は伝えられません


。。。🤷🏻‍♀️🤷🏻‍♀️🤷🏻‍♀️

多種多様な答えだな、おい!笑



先生方も分からない様でした。笑


セックス依存症は最近認識され始めた病気であり、日本は心理学などの精神科が遅れているので仕方ないといえば仕方がないですよね😥専門外だしなぁ



病院はあてにならないし周りに的確なアドバイスをしてくれる人もいなかったので


セルフカウンセリングで自分で出来るところまでしようと試行錯誤の日々を送ることにしたんです💡



これからのブログは依存症になる前から書こうかと思います。


私の経験が少しでも誰かの共感とか癒しとかの一助にでもなれたら幸いだなぁなんて👻笑